新茶はまだまだ先に!久々頭に血が上ったの巻

未分類
03 /27 2017
こんちは


今日は、冷たい雨が降ってます・・・


八女市矢部村では、雹が降ったようですよ!


今年は、寒いですよね~。

春は何処に・・・



今のところ、八女の新茶は


例年より5日から7日ほど遅れているようです~


まあ、じっくり伸びた方が良いお茶が

出来やすいので遅れる分にはかまわないのですが。



いきなりドカンと冷えるのは

新芽に良くないので


例年ならこの時期に


鹿児島の種子島の新茶の情報が入り


いよいよ新茶が始まるな~という雰囲気になるのですが



全国で新茶が遅れているようですね




新茶のパンフレットも


修正がほぼほぼ完了しております

これは、まだ完成版ではありません。

DSC_5086.jpg

まだ、印刷待ちの状態です。

予告として

4月25日新茶のキャンペーンが始まります


新茶のご予約も4月上旬から開始する予定です


今年2017新茶もぜひよろしくお願いします☆




新茶に向けて


当店のコーポレイトサイト
yame.co.jp

当店のオンラインショッピングページ
yame-tea.jp

各々を4月中旬にリニューアル予定です


もっとわかりやすく見やすく美味しそうにコンセプトに!

コーポレイトサイトのリニューアル予定イメージ↓
コーポレイトサイト


ショッピングサイトは


もっと探しやすく見やすく分かりやすくをコンセプトに。


オンラインショップのリニューアルイメージ↓
ショッピングサイト


ただ今、突貫工事中です!


また、完成しましたらご案内いたします☆



次回のブログでは、少し新芽が動いてきた

自社茶園の様子をお知らせしたいと思います






さて、今日は久々に頭に来たことをお話させて

ください


あまり普段ほとんど怒らない私でも


この仕事に対して


真剣に向き合っているもので


私もお茶サイボーグではなく


見事な人間なのもので


たまには頭に血が上ったことも書かせてください



原因はこれ。


DSC_5031.jpg

日本茶AWARD2016の報告書。


この古くて新しいお茶の品評会

日本茶AWARD。




日本茶AWARD2014では

ナチュラルフレーバー部門で当店は

部門一位を獲得させてもらい

全国茶品評会より

日本茶AWARD出品に力を入れてます。



日本茶AWARD2015、2016と


私の研究不足や考え過ぎ狙い過ぎで

落選と残念な結果になってるのが

素直な現状です。

これは、認めます。





2015年の落選の悔しさを


2016年に晴らすべく一年間ずっと

何か新しいお茶作りのため

商品コンセプトを考え

動いてきました。。


出品茶作りも当日までブレンド比率を考えてました。




ちなみにこの大会にかける真剣さは


過去3年分の12月上旬の表彰式と

7月上旬の出品茶作りの

私のブログを見ていただくと

分かると思います。


日本茶アワードと出品茶に関して書いてますので

ぜひご覧ください☆




日本茶アワード2015年は、


悔しさ噛みしめるために


東京の表彰式に行きました


2014年の表彰式にはそこの舞台にいたのに・・

2015年にその表彰式に出れてない

悔しさを植えつけて

2016日本茶AWARDで出品茶作りを1から

行ったのです。


しかし2016アワード

今回もあえなく落選でした、、、






この大会の良いところとして


審査員の評価や点数がすべて報告書として出品者に

リターンされます

DSC_5031.jpg


この報告書は、ありがたく目を通して

ナチュラルフレーバー部門という

新しいお茶という分野を開拓する上で


評価が欲しくて


高い出品料を払っています。

実際、2015年の落選理由の

審査員さんの評価を参考にして


今後に生かして2016に出品したのですが


頭に血が上ったのは、第一審査での

審査員のコメントの一覧です

ちなみに、第一審査員と第二審査員がいて

第二審査員は業界でも名だたる方ばかりです



個人的感覚で頭に血が上ったのであって

やんわり聞いてください。




審査は、ものすごくたくさんのお茶を短時間で


審査評価するので

審査員の多くの評価が短く感覚的で

コメントとしてよくあるような感じになるのは

仕方ないと思います。

「甘い」「酸味」など。






今回は、私の力不足ももちろんありますが

第一審査で落ちていたようです。


そこで、何が駄目だったのかを報告書で確認しました、、

そしたらこんな第一審査員の皆さんのコメント一覧

の中にこんなコメントが。

DSC_5033.jpg

私もこのナチュラルフレーバー分野の

出品要項も十分に把握して

「お茶」というものを

出品してます。



ちょっと見にくいのですが、

頭に来た一文がこちら。

「砂糖入っているちょっと後半紅茶の味わい」

という一文があります。


今回の出品茶は、酸味のあるカカオを使った

甘いお茶だったのです。

ちょっと意味がわかりにくいかもしれませんが

口の中でちょっと複雑になります。


カカオの酸味を抑えるために甘茶というものを使い

自然に香料なしチョコレートの風味のお茶を作る。


甘いものを摂取できない人のために

カロリーゼロで舌の上だけ甘みを感じる


自然な甘いお茶「甘茶」をブレンドして


ちょっと甘いもの厳禁の病気の方にホッとできる


チョコレートの香りのするお茶作りを


目指してました。





「砂糖はまったく入ってません」





第一審査員は、複数人5~6人くらいで

公平に審査されているようです。


その上のコメント写真の下部では


ブレンドした甘みが「甘茶」と気づき


コメントしてある方が

何人かいらっしゃってさすがだな~


甘茶を見抜かれた~と思っていたのですが。


まさか審査員の方の中に

こんな「砂糖入っている」と堂々と

正式なコメントに書かれると、、、


まあ、こっちの思いはもちろん知らないで


当たり前ですが、、、


お茶屋としてさすがに


一番お茶に入れるのに抵抗がある砂糖。


ノンカロリーの飲み物に


カロリーのあるものをブレンドすることが


個人的には一番抵抗あるし

全国の御茶屋さんでも

この感覚をもってある方は多いと思います。



まあ、その感覚以前に

甘茶を見抜けず

このお茶に対してこの程度の審査評価しか


出来ない方が審査員にいると思うと


ちょっと残念です。



いや

いや、頭にきます!!!





カカオの酸味を調整出来てなかった


自然に酸味が時間とともに強くなる

のが、予測出来なかったので自分のミスですし。
(出品したお茶を結果が出た後、飲みなおして発覚)


審査員の方の評価

「酸味が強い」のは評価として正しいです。


良い評価としてとらえたのは

その問題コメントの下に書いてある

別の審査員が書いたであろう

「自然な香り」

出品したナチュラルフレーバー部門的に
(カメリアシネンシス「茶」が50%以上含まれるもの
化学香料の使用が無いもの)

該当した自然の香りと

良い評価を受けていると前向きに受けてます。



でもね~なんか、第一審査敗退の


負け犬の遠吠えかもしれませんが


個人的には出品する度に、

評価をいただき

新しいお茶作りの勉強勉強と思い

精進研究しているつもりです。





ただね~

この評価を下されると





真剣な評価をいただけると

こちらも納得いくのですが、、


今回は温厚といわれる?



さすがの私もね~





という訳で、今日は私の愚痴を聞いていただき


本当にすみません。



明日から頭を切り替えて

頑張りたいと思います


では、今日はこのあたりで~


また、次回



八女茶の通販

牛島製茶オンラインショップ 

http://www.yame-tea.jp/


牛島製茶 楽天市場店 

http://www.rakuten.co.jp/ushijimaseicha/


牛島製茶 Yahoo店 

http://store.shopping.yahoo.co.jp/ushijimaseicha397/


牛島製茶 抹茶専門海外サイト matchacocoro

https://www.matchacocoro.com/


amazon 牛島製茶商品

https://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_2?__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%E7%89%9B%E5%B3%B6%E8%A3%BD%E8%8C%B6

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

牛茶丸

福岡県八女市より八女茶に囲まれた牛島製茶の専務ブログです。

牛島製茶とは、福岡八女にて大正10年創業、深蒸し八女茶専門店です。美味しい深蒸し八女茶をお届けします。自家製の八女紅茶や八女伝統本玉露、八女抹茶を使ったスイーツなどを数多く揃えてます。
また支店「筑後けやき通り店」「JR久留米店」では和カフェ「Leaf Heart」を展開してます。